忍者ブログ

日出処の猫

「君が代」「かごめかごめ」など 歌の中に隠されていた日本とユダヤの秘密

こんな不思議なことがあるのでしょうか。「かごめかごめ」や「君が代」「さくらさくら」をはじめとする日本の歌は、ヘブライ語として読み替えることが出来るそうです。これだけでなく、日本文化の中にイスラエルと共通する、言葉や、マーク、シンボル、神事や儀式が沢山見受けられます。

「かごめかごめ」

日本語      「ヘブライ語」     (ヘブライ語の意味)

かごめかごめ   「カゴ・メー カゴ・メー」(誰が守る? 誰が守る?)
かごの中の鳥は  「カグ・ノェ・ナカノ・トリー」(硬く安置された物を取り出せ)
いついつでやる  「イツィ・イツィ・ディ・ユゥー」(契約の箱に封じ納められた 神器を取り出せ)
夜明けの晩に   「ヤー・アカ・バユティー」(神譜を取り 代わるお守りを作った)
鶴と亀がすべった 「ツル・カメ・スーベシダ」(未開の地に 水を沢山引いて)
後ろの正面だ~れ 「ウシラツ・ショーメン・ダラー」(水を貯め その地を統治せよ)

かごめかごめ=かごめ=籠の目=かごめ紋=六芒星=ユダヤの象徴
鳥(居)=神の国・日本  
かごの中の鳥(居)=ユダヤに封印された日本
いついつでやる=いつになったら出てくるのであろう?
夜明けの晩に 夜明け=新世界が始まる前、晩=夜明け前が最も暗い=現在の社会
鶴と亀がすべった 鶴=日本の象徴{=火(=五芒星)=火(山)の国・日本=}
日本の象徴は天皇=スメラ  亀=甲羅=六角形=六芒星=ユダヤ
すべった すべる=統べる=統一する、一つになる
うしろの正面だあれ うしろの正面=無意識・潜在意識の中の本当の自分はだあれ?
(ユダヤと日本は表裏一体の関係 ということをあらわしているのだろうか)

「君が代」

日本語    「ヘブライ語」 (ヘブライ語の意味)

君が代は   「クムガヨワ」   (立ち上がる)
千代に    「テヨニ」   (シオンの民)
八千代に   「ヤ・チヨニ」 (神・選民)
細石の    「サッ・サリード」(喜べ・人類を救う、残りの民として)
巌となりて  「イワ・オト・ナリァタ 」(神・予言・成就する)
苔の生すまで 「コ(ル)カノ・ムーシュマッテ」(全ての場所・語られる・鳴り響く)

立ち上がれ、神を讃えよ
神の選民 シオンの民
選民として 喜べ
人類に救いが訪れ
神の予言が成就する
全地あまねく 宣べ伝えよ

「さくらさくら」

日本語    「英子音表示」 (ヘブライ語の意味)

さくら さくら   「SKR SKR」 (隠れた 隠れた)
やよいの空は 「YYH YN SRH」(唯一の神が迫害され 耐えて)
見わたす限り 「MWT KGR」 (犠牲として死に)
かすみか雲か 「KSM KMK」  (くじ引きにされ 取り上げられた)
匂いぞ出ずる 「NOH YZR」  (素晴らしい神の計画)
いざや いざや   「YZY YZY」   (神の救い 神の救い)
見にゆかん  「MN YK」    (捧げ物を決めた)

〈神が)隠れてしまった。
唯一の神が迫害を受け、耐え忍び、
死んで犠牲となり、
くじで引かれ、取り上げられてしまった。
素晴らしい神の計画である。
救い、その救いの捧げものが成就した。


歌詞の内容は、ヘブライ大学前学長 シロニー教授の手によってその正確性が確認されているそうです。伊勢神宮の内宮から外宮に至る道路(御幸通り)の両側に並ぶ石灯籠(合計約700基)には、不思議なことに「カゴメ紋(六芒星)」が刻み込まれています。カゴメ紋は別名「ダビデ王の紋章」といわれ、ユダヤ人のシンボルになっています。事実、現在のイスラエル共和国の国旗にも、六芒星がはっきりと描かれています。日本人は、古代イスラエル人(ユダヤ人)の末裔ではないかと言われており、いまから約2千年ほど前に、古代イスラエル人が、日本に渡来し、日本の文化形成に、大きな影響を与えたという説もあります。

http://news.infoseek.co.jp/article/happism_20130317_2973112013?p=1
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-592.html





拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫の日々。

気ままに猫だもん。

なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索