忍者ブログ

日出処の猫

ダライ・ラマが転生者と認定した当時6歳のニマ少年は、中国当局に拘束されて行方不明となり20年が経った。

700年の歴史を持つチベットの「転生パンチェン・ラマ制度」。ダライ・ラマが転生者と認定した当時6歳のニマ少年は、中国当局に拘束されて行方不明となり20年が経った。代わりに中国政府の画策で政府認定の縁もゆかりもない少年がパンチェン・ラマを継承。2009年以降のチベット自治区周辺での抗議の焼身自殺者は120人を超え、ニマ氏の行方はいまだにわかっていない。

高僧の生まれ変わり・チベットの少年

チベット亡命政府、“パンチェン・ラマ”の解放要求 ニマ少年の行方不明から20年

【北京=川越一】チベット仏教の高僧、パンチェン・ラマの転生者に指名されたニマ少年が行方不明になってから20年となるのに合わせ、インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府は18日までに、解放するよう求める声明を出した。

 当時6歳だったニマ少年は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世によってパンチェン・ラマ11世と認められた3日後の1995年5月17日、行方不明になった。当時、中国側が身柄を「保護」したと表明したのに対し、ダライ・ラマ側は中国当局に拉致されたと主張している。

 ダライ・ラマ側の報道官は17日、「中国当局がニマ氏を隔離しているのは、次世代のチベット族を指導するために必要な宗教的な訓練を受けさせないためだ」などと批判した。

 パンチェン・ラマはダライ・ラマに次ぐ高位の活仏。1989年にパンチェン・ラマ10世が没した後、ダライ・ラマ側と中国が別々の人物を11世として承認したため、現在は「2人のパンチェン・ラマ」が存在する。中国政府公認のパンチェン・ラマ11世は宗教活動に加え、10年に政策提言機関、人民政治協商会議の委員に選ばれるなど、その正統性が強調されてきた。
http://www.sankei.com/world/news/150518/wor1505180030-n1.html

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫の日々。

気ままに猫だもん。

なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索