忍者ブログ

日出処の猫

明日はわが身のチベット侵略・・・中共軍兵士はチベット人を「文明化」「浄化」すると称して集団レイプを行い、それを「地上の楽園」と称して楽しんだ。

「中国はいかにチベットを侵略したか」に書かれていることは、非常に衝撃的な内容なので書くのも躊躇われるが、真実は知っておかなくてはならない。これは近い将来の日本の姿かもしれない。以下は本書の記録のほんの一部である。

中国本土から漢民族の移民が増大し、チベット人は自国にあって少数民族になってしまった。タムジンで有罪とされた人々は牢獄に入れられ、実に屡々計画的飢餓、遺棄、病気の放置などで生命を奪われていった。新企画の拷問、殺人が導入され、銃の台尻で頭蓋骨を打ち砕かれたり、鉄箸で眼球を抉り出されたりした。僧侶は毛布でぐるぐる巻きにされ、灯油をかけられて焼き殺されていった。公開去勢や、バーベキュー用棒杭にくくりつけて焼く、尼僧を素っ裸にしてむりやり性交させる、というのもあった。特に中共軍兵士の間で人気があったのは、チベット人を“文明化” “浄化”すると称する兵士たちによる集団レイプであった。彼らはそれを“地上の楽園”と称して楽しんだ。
中国はいかにチベットを侵略したか

「中国はいかにチベットを侵略したか」は第二次大戦後最大の侵略に対する20年以上にわたる抵抗運動の記録である。中共政府により120万人以上のチベット人が殺戮され、女性は強姦され、6000もの仏教寺院のほとんどすべてが破壊され、僧と尼僧が衆目の中で交わることを強制され、幼児も赤児も容赦なく殺された。

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫です。居眠りしたり、ぼうと 空想にふけったりの日々であります。

気ままに猫だもん。

時々書き物もいたしますが、なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索