忍者ブログ

日出処の猫

あらためて<従軍慰安婦強制連行はなかった まとめ> 元慰安婦女性の証言が出鱈目すぎて話になりません。

お隣の国と良くお付き合いするためには、まず
お隣の国を良く理解することが肝要です。


例えば、元慰安婦として有名なキム・ボクトンさんの『証言』によると

1、1926年生まれのキムさんは、『1940年に』14歳で旧日本軍に連行された

2、故郷の『朝鮮の村にジープに乗った日本軍』がやってきて誘拐された

3、『日本軍のヘリコプター部隊』の基地に連れていかれた

4、『クリスマス休暇中の日本兵』にコキ使われた

5、日本兵たちは全員『8発も連射できるライフル』を持っていました

6、『昭和23年まで』日本軍から解放されませんでした

しかし、1940年に太平洋戦争は始まっていません。また当時日本軍には、ジープもヘリコプターも、クリスマス休暇も、8連射ライフルもありませんでした。そして太平洋戦争は昭和20年に終わっています。

文庫 よくわかる慰安婦問題 増補新版 (草思社文庫) ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


<従軍慰安婦強制連行はなかった まとめ>

① 指令書や計画書、当時の日記・記録・証言録など、いまだに証拠(資料)がひとつも見つかっていない。
② 東京裁判や1965年の日韓基本条約でも慰安婦強制連行など存在しなかったし、韓国初代大統領李承晩も散々日本を非難していたが慰安婦については一度も抗議をしなかった(1980年代まで慰安婦問題などまったく存在しなかった)。
③ 慰安婦問題は1983年に吉田清治という一人の老人が「済州島で慰安婦狩りを行った」と発表したフィクション本『私の戦争犯罪』が全ての始まりである。
④ ところが済州島の当時を知る老人たちは、「私たちの村でそんな事が一人でもあれば私の耳に入っているはずだ」「そんな事は絶対になかった」と1989年に現地の『済州新聞』で証言し、地元の郷土史家も「この本は日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な商魂の産物だと思われる」と吉田本を完全否定した(後に吉田もフィクションだったと認めた)。
⑤ 日本の反日左翼が韓国で賠償金がとれるなどと慰安婦募集をして、戦後46年も経った1991年に初めて強制連行されたという被害者が名乗り出た(現在韓国政府が元慰安婦だと登録した人は二百数十人いるが、40数年間1人も被害を訴えなかったなんてことはありえるか?)。
⑥ その慰安婦たちの証言も二転三転していたり(中には証言が十数回も変わっている者もいる)、具体性に欠けたり、裏付けがなされていないなど、信用できるものではない。
⑦ 強制連行があったとしたら、両親や兄弟・親戚・友人・知人・目撃者などが何らかの行動を起こしていたはずだが、そんなものは一切なかった(当時は日本人が朝鮮人をからかっただけで抗議運動がおこっていたらしいし、気性の激しい朝鮮人が同胞女性を連れ去られていくのを黙って見ていたというのも考えられない)。
⑧ 連れ去られる女性が抵抗したという事例や、強制連行される途中や連行先から逃げ出して助けを求めたという事例も皆無。
⑨ 連れ去られる女性を朝鮮人が救出したり、阻止しようとした事例や、連れ去ろうとした者と戦ったり抗議したという事例も皆無。
⑩ 日本軍が強制連行したと韓国側は言うが、当時は朝鮮人が計24万人も日本軍に所属しており(全員志願している上、朝鮮人の将校もいた)、同胞女性が強制的に性奴隷になどされていたのなら何らかの問題が起こるはずである(彼ら朝鮮人日本兵の存在は強制連行がなかった事の証明になると考える)。
⑪ 強制的に集めたという証拠はないが、自発的に集まったと思われる証拠なら存在する(1944年の「慰安婦募集」の新聞広告や1944年のアメリカ軍の記録など)。
⑫ 現在、約10万人もの韓国人女性が海外で売春を行っている。現在でもこうなのだから「慰安婦募集」の広告を見て自発的に集まったと考えるのが自然ではないか?(強制連行され売春を強要されたと韓国は訴えているが、その韓国が日本に5万人も売春婦を派遣しているというのは聞いて呆れるし説得力がない)
⑬ 韓国はベトナム戦争で5000人とも3万人ともいわれる混血児を残してきたが、日韓混血児は一人も確認されていない(ちなみに日本軍は日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・シベリア出兵・満州事変・支那事変・大東亜戦争など多くの戦争に関わっているが一度も混血児問題を起こしていない軍隊である)。
⑭ 1944年、ビルマを占領したアメリカ軍が朝鮮人経営者や朝鮮人慰安婦を尋問するなどしてまとめた「アメリカ戦時情報局心理作戦班日本人捕虜尋問報告 第49号」には、慰安婦たちが厚遇されている様子が記されている。
⑮ もちろん、性奴隷ではなくただの売春婦だったので、きちんと給料が支払われている(しかも莫大な金額が)。
⑯ 女性を拉致したり暴行したという加害者(氏名・年齢・所属など)も不明。
⑰ 2014年1月1日の産経新聞では『平成5年の「河野洋平官房長官談話」について、政府は原案の段階から韓国側に提示し、指摘に沿って修正するなど事実上、日韓の合作だった』と報じられました。 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010112380006-n1.html


拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫の日々。

気ままに猫だもん。

なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索