忍者ブログ

日出処の猫

近づくと発動する恐るべき「あの国のあの法則」。しかし逆に離れれば一転、運気上昇?!

株式相場の法則にアノマリーといわれる「論理的に説明できないが何故かそうなってしまう事象」があります。有名なものに「紅白の視聴率が上がると(年度末の)株価が下がる。逆に下がると株価が上がる」というジンクスが。他にも「スタジオジブリの作品が日本テレビ金曜ロードショーで放映されると、高確率でその日(又は月曜日)のNY株式市場をはじめ海外指標や為替が大荒れとなり、週明けの日経平均株価が急落する」などというコアな法則もあるそうです。

かの国に関しても、とても有名な「法則」があるそうで、「あの国のあの法則」、「Kの国の法則」、「檀君の呪い」とも呼ばれているそうです。まさか・・・と思いましたがさすがに<皇室における発動事例 >を見たときは鳥肌がたちました。以下「法則」の全文に続きます。

韓国とかかわるな!韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる-Kの法則


 <あの国のあの法則>
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

皆さんにある恐ろしい法則をご紹介したいと思います。その法則とは、「あの国のあの法則」、別名「Kの国の法則」、「檀君の呪い」とも呼ばれる法則です。ここで言う「あの国」、「Kの国」とは、朝鮮半島に存在する国家、現在ならば韓国(大韓民国)と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)のことを意味します。この「あの国のあの法則」は、朝鮮半島に関わると災いが降り掛かると言う恐ろしい法則です。既にご存じの方も多いと思いますが、これ以上被害者を出さないためにここに掲載致します。

【絶対法則】

第一法則   国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
第二法則   第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)が抜け駆けをすると朝鮮半島(韓国、北朝鮮)のみが負ける。
第三法則   第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。
第四法則   第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
第五法則   第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
第六法則   第三法則、第四法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

【諸法則】

第一法則   日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、朝鮮半島製(韓国製、北朝鮮製)にされる。
第二法則   日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日(在日韓国人、在日朝鮮人)認定されるが、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)から嫌われていると、必ず回避出来る。
第三法則   日本のTV番組は、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。 日本のTV番組は、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。
第四法則   海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。
第五法則   自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。
第六法則   韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む。
第七法則   朝鮮半島(韓国、北朝鮮)に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する。
第八法則   法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある。
第九法則   たとえ朝鮮半島人(韓国人、北朝鮮人)であっても心が日本人なら法則は発動する。
第十法則   たとえ日本人であっても心が朝鮮半島人(韓国人、北朝鮮人)と化したなら法則は発動しない。
第十一法則   朝鮮半島(韓国、北朝鮮)に深く関わり且つイメージキャラクタ等、象徴的存在になってしまった場合、その人物は法則発動体となり、その人物に関わると直接・間接関係なく法則が発動する。また発動体はこちらの意志とは関係なく一方的に関わってくる為、ほとんど回避不可能である。

<皇室における発動事例 >

1959年 皇太子殿下誕生
1965年 秋篠宮さま誕生 (日韓基本条約締結)

女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生

2005年 小泉総理靖国参拝 (以降日韓首脳会談せず)
2006年8月15日 小泉総理靖国参拝
2006年9月6日  悠仁親王殿下誕生 (韓国政府、祝辞を送らず)

* 悠仁親王殿下に法則の逆発動予定 * 
悠仁親王殿下の今後の運勢及び人気の上昇が期待される。 誕生前の吉兆現象とあいまって、悠仁親王殿下の豪運伝説の始まりになる可能性が。


拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫です。居眠りしたり、ぼうと 空想にふけったりの日々であります。

気ままに猫だもん。

時々書き物もいたしますが、なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索