忍者ブログ

日出処の猫

新潟が危ないこれだけの理由 井上太郎の「新潟の危機」シリーズのディープな情報

日本のために -井上太郎@kaminoishi (SEIRINDO BOOKS)

ツイッターやブログでの、一般人が知り得ぬディープな情報発信で知られる「井上太郎」というアカウント。井上太郎は2011年から連続して「新潟の危うさ」を発信し続けています。
2011年以降の新潟は「新潟中国領事館5000坪土地取得問題」、曖昧なまま進められ頓挫したかにみえる「新潟州構想」、県民益が疑問視される知事主導の中国製パネルによるメガソーラー発電など、その危うさは現在進行形です。以下は2011年に書かれた井上太郎の「新潟の危機」シリーズへのリンクです。

新潟が、いや日本の危機 その④ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
田中角栄により北東アジアへ開放された新潟と、小沢一朗、田中真紀子、河野一郎・洋平ほか中国に飲み込まれる親中政治家たち。民主政権下で新潟の本来の保守が弱体化し始め、ロシア、北朝鮮、韓国を受け入れ、やがて本格的に中共を受け入れるように・・・

新潟が、いや日本の危機 その⑤ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-118.html
日中友好協会~ 日中友好協会は、自民、民主そして民間一体となった親中組織で、会長は加藤紘一。新潟県内には6箇所もの支部があり、泉田県知事自身が協会の名誉会長に就任。また大使館・友好会館ほか中国関連施設は。すべて郵政の使用していたKKRの土地に・・・

新潟が、いや日本の危機 その⑥ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
新潟州構想~ 北川理論による、泉田知事、篠田市長が提唱する「新潟州 新潟特区構想」は地方分権を謳い、中央政府から地方への権限移譲を主張。そして中共、韓国、ロシア、北朝鮮の北東アジアに開放し、積極的に人民を受け入れ30~50万人の都市つくりをするというもの・・・

新潟が、いや日本の危機 その⑦ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
佐渡汽船・NSGグループ~ 新潟国際芸術学院の東富有。妻の知恵とともに日本に帰化。本人は佐渡汽船のアドバイザーにも就任し、学院の理事には佐渡汽船の特別顧問が入っている。この新潟芸術学院は、日中交流という名目で中共からの留学生を受け入れる計画に・・・

新潟が、いや日本の危機 その⑧ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
中国領事館問題・パチンコ~ 「新潟州 特区構想」は大規模チャイナタウン建設と、留学生受け入れ施設、等新潟市内の土地全てを買い取るような勢いである。それに協力しているのが田中真紀子関連企業と、小沢の関連「福田組」の北の在日で、日本人愛人と結婚して日本名を名乗るKである・・・

新潟の、いや日本の危機 まとめ http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

新潟が、いや日本の危機 その①  http://fornihon.blog.fc2.com/blog-entry-114.html
前後しますが、①~③は中共と北朝鮮事情。
中国国内であぶれた大卒無職者、留学生助成金もでて、ビザ取りやすく、新潟と言う受け入れ先ある日本に送り込まないと、政府は暴れられてはかないません。新潟に受け入れてもらい、新潟県の支援金で住みついていてくれれば、国防動員法により海外にいる中共人はすぐ人民解放軍として・・・

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

和猫の静かな日々

日出処、日本生まれの猫の日々。

気ままに猫だもん。

なにぶん猫なもので、みじくな日本語めんご。

ブログ内検索